読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩きながら考える by 小春日

日課としているウォーキングの記録、ウォーキングの最中にオーディオブックやPodcastを聴きながら考えたことなどを書き留めてまいります。

大事なのは 続けること

続けていたことをやめるのは簡単なこと。

しかし、一度やめたことを再び始めるのは、至難の業。

 

風邪で体調を崩した、仕事から戻る時間が若干遅くなった、など、原因となりうる事象が複数ありますが、平日夜に歩く習慣が欠落する日が続いています。

 

何か「こと」を始めるのに、最初の第一歩を踏み出すことにエネルギーが要る、と聴いたことがあります。

 

それと同じくらい、「とにかくやり続ける」ためにもエネルギーが必要なんだと痛感しています。

 

歩く以外にも、大事な習慣をいつのまにかやめてないか?

今月は自分の習慣を立て直す月間として過ごします。

習慣が変わる、というより販売戦略にハマる

暦の上では春になりました。

但し、相変わらず朝は冷え込んでいるのは、「早春賦」でも歌われる通りです。

昨日は節分でした。

スーパーやコンビニでは、昔ながらに豆が並んでいるのと併せ、総菜コーナーには巻きずしが並んでいたようです。

「ようです」と締めたのは、私が昨日仕事帰りに立ち寄ったコンビニでは、既にその姿がなかったから。

節分に巻きずしを食べる習慣、元々は関西地方に限定されたものだったと記憶しています。少なくとも私が関東地方で過ごした20数年の間(1970年代~1990年代半ば)には、節分に巻きずしが並ぶ姿は観たことがありませんでした。

社会人になり、職場に居た大阪出身の方から聞いて「へぇ~、そんな習慣があるんですか!」とびっくりしたものです。

その後、大阪に移り、確かに節分になると小売店に巻きずしが並ぶのを見かけ、私もその習慣に乗りました。

2000年を少し過ぎた頃、東京に出かけて立ち寄ったコンビニに、節分に向けた巻きずしが並んでるのを見てびっくりしました。ついに関西圏外にも広まったのかと。

今日の日本経済新聞「春秋」では、恵方巻きを全国展開したのはコンビニによるものだと書かれていました。あの動きが、まさにそれだったのか。

そして今、恵方巻きは現住地の山口県でも店頭に並ぶようになりました。

 

ヴァレンタインデーのチョコレート、ハロウィンのお菓子、そして節分の恵方巻き。日本での広まりは、風習をそのまま取り入れたのではなく、食品業界や小売業界の販売戦略によるものなんだろうなぁ、と思った次第です。

 

繰り返し読む本ほど、紙媒体で持つ

本を読む手段が色々出てきました。

子供の頃なら、紙で製本されたものを買う(または 借りる)ことで手に入れ、紙のページをめくりながら読む、という手段だけでした。

それが、電子書籍として電子媒体で読めるようになったり、オーディオブックとして音声で聴けるようになったりしています。

私も、ウォーキングの供や、歌の練習で徳山~広島間を車で移動する際の供として、オーディオブックは重宝しています。

また、最近タブレットを購入し、電子書籍を購入して読むことで、特に旅行などの長時間移動の際、紙媒体を持ち歩くのに比べ荷物がかさばらずに済むメリットを実感しています。

 

一度さっと読み流すだけで済ませる本なら、その時々で都合の良い手段を選べば良いと思います。

 

しかし、大事な言葉を見つけたから、折に触れて読み返そう、と思った本は、やはり、紙媒体で持つのが一番いいのかな、と思います。読み返したいと思った場所にたどり着くのが、電子書籍やオーディオブックよりも早いと思うから。

 

最近、過去に買った本を久しぶりに手に取る機会が増えました。

紙媒体のアクセスの良さを、改めて実感しています。

 

いかんなぁ

ついつい出てしまう、

ネガティブな言葉。

自分では毒吐きのつもりで使い、

一瞬すっきりした気になる。

しかし、

その発したネガティブな言葉が、

不幸を引き寄せる。

そんな話を複数の書物で目にしました。

ネガティブな言葉が出かかったら、

待ったをかけて

悪魔の言葉としてポイッと捨てる。

すぐにできそうになければ、

自分にプラスになる言葉に言い換える。

 

大丈夫。きっとできる。

自分にそう言い聞かせています。

 

 

今日という日は

今日という日は

自分の残りの人生の最初の日だ

 

以前、そんな言葉を目にしたことがあります。

 

これまで何をしてきたか、振り返ることは大事なことだと思います。

しかし、そこで過去にできなかったことに意識がいってしまいがちです。

 

もっと大事なのは、これから、どうするか。

自分が進む道を見据えて、胸を張って、前を向いて歩いていきたい。

 

既にいい歳になった私ですが、

その姿勢を忘れずに持ち続けたい。

初体験 広島での雪

この週末は、合唱の出番があったため、泊りがけで広島に行ってきました。

強い寒波が到来する、ということで、寒さや雪に対し、それなりに心の準備はできていました。

土曜日(1/14)に徳山を離れる時点から雪は舞っていましたし、その状況は広島に着いてからも変わりませんでした。ただし、積もるまでにはならないだろう。そう踏んでいました。

その予想に反して、日曜日(1/15)の朝の広島市内はこんな様子。しっかり雪が積もっていました。

f:id:katopon-amicidelcanto:20170115222510j:plain

この雪は、時々おさまりながら昼ごろまで降り続けました。

周辺の様子見がてら散歩していると、雪を踏みしめるキュッキュッという音が小気味よく響いてくるのが印象的でした。その時点では、「いつ溶けるの?」不安になりましたが、昼間の気温上昇で、表通りはだいぶ雪が姿を消しました。

f:id:katopon-amicidelcanto:20170115222855j:plain

そして、広島がこの状態だと徳山は大丈夫か?と気になっていましたが、今夜戻ってみると、駅前はほとんど雪の姿がなく、高台にある我が家の周辺でもほとんど雪が残っていませんでした。

気がかりなのは、明日の朝、路面が凍結しないか、ということ。出社前に、周りの道をしっかりチェックしていきます。

 

 

2017年 今年の一字

「今年の一字」といえば、毎年12月に、一年を振り返って当てはまる字を決めるもの、とニュースを観ていると頭に焼き付いています。

過ぎ去ったことを分析、整理しながら振り返ることも大事ですが、逆に、これから先、一歩前へと前進するために大事にしていきたい言葉もあると思います。

これまで、まったく気に留めていませんでしたが、今年の私にとって、忘れてはいけない一字があるな、と思い、忘れないためにこうして書き留めています。

私にとっての今年の一字。それは「動」。

やはり、自分に一番足りないのは、行動。

今年だけではなく、今後の私が忘れてならない一字になるのかもしれませんが、まずは一年、この一字を意識して過ごしていきます。

 

12月に振り返ったとき、どんな一字を自分に当てはめることになるかを楽しみにしながら。