歩きながら考える by 小春日

日課としているウォーキングの記録、ウォーキングの最中にオーディオブックやPodcastを聴きながら考えたことなどを書き留めてまいります。

東京で歩き納め

大型連休を使って、埼玉県に帰郷しています。 昨夜は移動途中で東京に宿泊。 目的は、翌朝の皇居外周のウォーキングでした。 色々なところで言われて「もういい!」と言いたくなる、今日は「平成最後の日」。 朝からあいにくの雨でしたが、傘をさしてウォー…

経過は順調

Blogの投稿は滞っていますが、歩くのはきちんと続いています。 昨年4月から最低ラインと決めた月間100km。 今月は月半ばで達成し、連続記録は13か月になりました。 歩き続ける理由は、単に距離を稼ぐだけではなく、体重を落とす、そして、その先に実現する…

あの時、持ってて助かったもの

3月11日。 東日本大震災から、早いもので8年が経ちました。 8年前、たまたま東京に出かけていて震度5強の揺れに遭い、完全に交通機関が止まってしまった中、所用で出かけた先から東京駅近くに取っていたホテルまで、数キロ歩いたのでした。その道中で…

新たな記録者

これまで、ウォーキングの記録はスマートフォンアプリ”Runtastic”で取っていました。 しかし、夜に歩くことが多い私。 やはり、わずかな時間とはいえ、スマートフォンを操作しながら歩く(=その瞬間、周囲への注意がなくなってしまう)のは危ないな、と思い…

ニュースの現場から

今夜のウォーキングで国道2号線沿いを歩いている途中、普段と違う光景を目にしました。 いつも明かりがついている店が、真っ暗になっていたのです。 店が暗くなっていると「おっ、閉鎖か?」と思ってしまうのが常なのですが(当地では、そのくらい、気が付い…

2019年 引き続き歩き続けてます

2019年がスタートして、すでに10日あまり経ちました。 仕事をする方も、学校に通う方も、お休みが終わって新たなスタートを切られ、ようやく気持ちが「お休みモード」から切り換わったところでこの連休を迎えていることと思います。 私 小春日は、今年も「1…

1,000km歩きました

2018年も最後の一日となりました。 30日から戻ってきた、埼玉県の故郷で、今年最後のウォーキングを済ませました。 4月から自分に課してきた、「1か月に最低100km歩く」という最低ラインを、9か月連続で達成しました。 2018年に記録をとっただけで、歩いた距…

地元で初の美術鑑賞

冷え込んだがいい天気となったクリスマスイヴ。 地元の周南市美術博物館に出かけてきました。 普段のウォーキングで、この建物の前を通りかかることが何度もありますが、中に入って鑑賞するのは、周南市民になって8年経って初めてのことでした。 特別展で開…

十月 区切りの月

日本で暮らしていると「区切り」といえば、年度が新しくなる4月、という方が多いことと思います。 まぁ、お勤めの業界などにより、ほかの月が期の始まり、ということもあるでしょうが。 私個人では、それは十月だと感じています。 今の勤務地に移ってきたの…

因果応報

善い行いをすれば、善い結果が得られ、 悪い行いは悪い結果をもたらす。 調べてみると仏教用語とのことですが、 この趣旨のことは、普遍の法則として多くの人が語っておられます。 今、自分の身に起こっていることは、以前に自分がやったことが 返ってきてい…

今日という日は 誰かが生きたかった明日

掲題の言葉、いろいろなところでこの趣旨のことが言われていることでしょう。 折しも2018年は様々な災害で、生きたかった明日を奪われてしまった方も多く現れてしまいました。 それがなくとも、日常で接する場面で深く傷つき、また追い込まれ、「明日も生き…

ラジオが最後のよりどころ

2018年を表す漢字は「災」では?と思わせるくらいに、自然災害が続いています。 今週だけでも、台風21号が猛威を振るったそのすぐ後に、北海道胆振地方を震源とする大きな地震が起こりました。ニュースで映像を見るたび、胸が痛みます。 まずは心よりお見…

東京駅での偶然の出会い

8月、東京駅へ立ち寄る機会が2度ありました。 いずれも、東京駅近くに宿を取っていたので、荷物を置いた後、駅構内を散策していました。 八重洲側から自由通路を使って丸の内側に出た一角にある店のなかで、とある帆布店が目に飛び込んできました。 山形県…

約2か月ぶりに規制解除

今更書くか?と言われそうですが・・・。 7月に西日本各地を襲った豪雨。 私も、間接的ながらその影響を受けています。 通勤に使っている国道188号は、下松市と光市の間、山陽本線と並行して海岸線を走っています。 先の豪雨で、山陽本線が土砂で埋まり、そ…

大切なのは、強さよりも柔軟さ

読んだ本: 人生が変わるメンタルタフネス(ピョートル・フェリクス・グジバチ著 廣済堂出版) グーグルでグローバルな人材育成に従事されていた、ポーランド出身のピョートル・フェリクス・グジバチさんによる最新作。 この1年ほど、実はメンタルで弱ってい…

すべては思い込み?

秋の足音も聞こえてくる8月終わりの夜。昼間の暑さもおさまり、涼しい風と共に秋の虫の鳴き声で家の外は満たされています。 ・・・と思っていたら、「おや?」と思う音が飛び込んできました。 音の主は、ツクツクホウシでした。 夏の終わりの昼間に聞こえる…

姿勢を見直す時間は、人生を見直す時間である。

東京・青山で整体治療院を開いておられる、姿勢治療家 仲野孝明さんが、ご自身のPodcastで締めの言葉として言われている一言です。 1回10数分のPodcast、最近は色々な方へのインタビューが続いていますが、第1回~第100回は、姿勢にまつわる色々な話が紹介さ…

旅先でも歩く習慣

気が付けば8月も終わり。 皆さんは夏休み、取られましたか? 私は、大方の世間の流れに併せて、11日~15日に職場が休みとなりました。 お盆なので、帰省を交えた旅で過ごしました。 こうして出かけるとき、習慣のウォーキングが休みがちになるのですが…

やまない雨はない

ウォーキング中に時々聴いているラジオ番組のCMで、耳に残っている一言に出会いました。 ”No rain, no rainbow.” ハワイのことわざ、として紹介されていたこの一言。 きっと「聞いたことがある」という方も多いでしょう。 そのCMの設定はこうでした。 朝から…

月100kmを積み重ねる

Blogの更新はすっかり滞ってましたが、歩く習慣は取り戻しました。 月間100kmという目標を設定し、4月、5月はぎりぎりながら達成しました。 毎日休まず3.3km強、時間にして35分前後歩けば達成、と考えればゆるい目標かもしれせんが、天候が悪かったり、ちょ…

姿勢を正す場所

更新がまたも1ヶ月ほど滞りました。 今年に入ってから、心身の調子を崩すなどして歩くのも滞りがちになっていました。 3月の終盤から、状況が改善し、歩く習慣を取り戻しています。 普段は、仕事から帰って夜に歩くのですが、週末は、気分を変えて朝に歩いて…

忘れた頃に思い出す言葉

最近、自分の身に起こったことから、いくつかの大事な言葉を思い出しました。 ・人生で起こることはどんなことにも意味がある ・我以外皆我師也 ・事実はひとつ 考え方はふたつ 自分の身に起こったこと、ここでは書きませんが(書きたくないので割愛するので…

まずは自分発の言葉をきれいに

今朝の新聞のコラムで、朝鮮半島のことわざが紹介されていました。 「行く言葉がきれいなら、来る言葉もきれい」 他者への言動をよくすれば受ける言動もよい。 そんな意味だと説明がありました。 言葉に限らず、自分が受け取るものは、自分が発しているもの…

人生で直面する三つ目の坂

年明けの投稿以来、すっかり停滞していました。 色々とコンディションを崩しており、ここに何かを書く気力が失われていました。 よく言われることですが、人生で直面する坂は、3つあります。 「上り坂」「下り坂」 ・・・・そして、「まさか」。 この3つ目…

2018年のキーワード

世間では、年末に話題になる「今年の一字」。 私は、昨年から年初に考えるようにしています。 1年前の今頃に選んだのは「動」。 とにかく行動が必要、と設定した一字でした。 振り返って、まだまだ行動が足りないな、と痛感しています。 そこで、「動」は、…

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。 2018年が始まりました。 昨年大晦日に書きました通り、今年も歩き続けます。 私の大事にしている言葉に「一日一生」があります。 一度しかない人生、しかも、いつ終わるかわからない人生です。 朝起きて、無事に迎える…

2018年も歩き続けます

2017年もあと数時間となりました。 いつものように、瀬戸内を離れて里帰りのため首都圏に戻ってきました。 世間の大半の方とは、逆の動きです。 振り返ると、「しんどい」の一言だけが浮かぶ一年でした。 (中身については触れませんが。) 特に苦しんだのが…

直に話を聴くのは大事

この前の週末に、岩国で開催された新聞社主催のセミナーに行ってきました。 メインスピーカーとして登壇されたのは、これまでPodcastやウェビナー(Webで開催されるセミナー)で話を聞いたり、メルマガで考え方に触れたことのある方。 話の内容も、後から振…

4度休日があった11月

11月も折り返しを過ぎました。 今月は、「文化の日」と「勤労感謝の日」、2度の祝日があります。 来週の「勤労感謝の日」は、土日が休みの方なら翌日の24日に休暇を取って4連休!と考えるところでしょうね。 実は、私の子供の頃、11月にもう2回、休みがあり…

旧世代という証拠か?

今更語るまでもない話なのですが・・・。 若かったころに比べ、本の読み方が多様になっています。 本、といえば紙で出版されたものをページをめくりながら読むものでした。 それが、電子書籍で読めるようになったり、オーディオブックで耳で聴けるようにもな…